2018年3月21日

安直画像で綴る首都圏私鉄70’s その14

▲京成電鉄モハ702 日暮里 1974-1

波状的にしつこく続けている安直シリーズ、前回に続いて京成電車です。
日暮里駅周辺は長い間、再開発から取り残されたような感ありですが、戦前の構造物が雑然と残っていて趣味的には魅力でした。

当時の日暮里のシンボルは戦前から続くRを描いたこの鉄柱ですが、竣工時は随分とお洒落な造形だったのではないでしょうか。
常磐線ホームは東北線・高崎線を行き交うデンシャも手軽に見物でき、カメラを持ち始めの頃からの馴染みの場所。20系の引退時や夜行急行のお名残撮影など、節目には必ず陣取っていました。
▲いずれも日暮里 1974-1

初めて間近で見た青電は200形。
200形は京成初の高速電車で、1978年に新京成へ移籍してからも90年の引退まで活躍しました。
▲日暮里 1974-8

どこか撮れそうな駅はないか・・・と日暮里から少し乗ってみましたが、皆目見当がつかず適当に降りて妥協です。
▲いずれも新三河島 1977-5 

こちらは赤電のオレンジ一色化が始まった頃の京成上野。
こうして見ると、全体の雰囲気が現在と同じような気がしますが、40年近くこれだけ変転がない私鉄ターミナルも珍しいのではと思います。しかし、2019年春に向けてニューアル工事が始まった由、この独特の空気感も変ってくるのでしょうか。

スカイライナーは初代AE車が発着していました。
 
隣のこちらの駅もまだ営業中です。
▲いずれも京成上野 1980-4

この当時既に休廃止の噂があった博物館動物園でしたが、実際は1997年休止・2004年廃止と随分後になってからのことです。
▲博物館動物園 1980-4
 
暗いホームに古色蒼然とした案内看板、閉鎖された窓口とエアポケットのようだった構内は残念ながら1枚も撮らず・・・なのでこちらはWikipediaから拝借です。
▲博物館動物園(Wikiから転載)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントはフリーでお受けしています。ただし管理人判断で削除することもありますのでご了承下さい。