2018年10月31日

上野駅20番線のこと

▲485系「ひたち」 上野 1980-5
 
在来線だけで、しかも1線も欠けることなく20番線ホームまで。
一体どんな駅で、どんな列車が行き交っているのだろうかと、小さい頃からイメージを膨らませていたのが上野でした。
・・・という訳で、今回は鉄道少年時代から幾度となく通った上野駅20番線ホームからお送りします。
▲いずれも上野 上:1975-7 中:1974-5 下:1975-10
 
新幹線まで含めれば20を超える番線数は珍しくありませんが、在来線だけというのは唯一。東京駅(新幹線開業前)でさえ15番線までしかありませんでした。
▲いずれも上野 上:1973-9 中:1978-9 下:1980-5

華やかな13-18番線に比べると一番端っこで、ちょっと場末感もありましたが、一時は7往復を誇った常磐線の花形・「ゆうづる」を始め、「ひたち」「みちのく」といった優等列車、目立たないながら長距離普通客レも発着していました。

こちらは「ゆうづる」の24系化後の時代。
20系とEF80のゴールデンコンビは1975年に消えましたが、赤い電機の牽く青い客レはまだまだ魅力充分です。次々に発車する時間帯は、北の「匂い」・・・しかし同じ北への玄関口だった13-18番線とも違う独特の雰囲気が漂っていました。
▲いずれも上野 1978-9

特急「みちのく」は1日1往復のロングラン列車で、特急の名に相応しい列車でした。
▲いずれも上野 上:1978-9 下:1975-3 

こちらはロネ・ロザも連結した堂々たる編成の急行「十和田」。
▲いずれも上野 上:1976-7 下:1978-9
 
新幹線工事が本格化する前の1980年、この愛すべきホームは静かに姿を消していきました。列車を画面目一杯まで引きつける当時のフレーミングには珍しく、番線表示をメインに撮り名残を惜しんだのが冒頭の写真でした。
▲上野1978-9

2 件のコメント:

  1. ゆうづるの殿を務める切妻ナハネフは狭窓の21の方でしょうか。
    赤色サインも「夕鶴」にふさわしく見ているだけで旅情を誘われます。

    返信削除
  2. ナハネフ21のゆうづる1号です。50.3改正で登場しましたが、この年10月には20系が撤退し始めてしまい、ほんの一時の運用でした。赤いサインは青森運転所・秋田客車貨区の証だったと何かで読んだ憶えがあります。

    返信削除

コメントはフリーでお受けしています。ただし管理人判断で削除することもありますのでご了承下さい。