2019年8月18日

ED38の終焉 その2

▲秩父鉄道デハ107 広瀬川原 1988-11

秩父鉄道デハ100形は電化開業時からの木造車を更新すべく、1950年に登場。
30両の大所帯を誇り一大勢力になった彼らも、旧小田急の800形(←デハ1800形)登場と共に急速にテリトリーが浸食され、1988年には全車が放逐されました。
▲三峰口 1980-5

さて、引き続き広瀬川原を回ります。
引退直後のデハ100らが墓標のように佇む姿を撮り回るのはうーむな趣味ですが、指を咥えて見ている訳にもいきません。

架線のない側線にはデハ107や少数派・クハ67らの姿。
クハ67はクハニ20形が多数派だった制御車の中で、4両だけ残ったクハ60形の1両でした。
▲いずれも広瀬川原 1988-11

さよなら運転に充当され、最後の花道を飾ったデハ101編成。
一見手入れは良くくたびれた印象はありませんが、種車は古いですからやはり限界だったのでしょうか。
▲いずれも広瀬川原 1988-11

このデハ600形を始め、現役世代は黄色に茶帯とちょっと引いてしまう出立です。
当時はC58の運転が始まった頃で、客車はまだ43系。
何年か振りに旧型客車に触れて嬉しくなり、しばし車内を徘徊しますがやはり目が行くのはスハフ32です。
▲いずれも広瀬川原 1988-11

メインはED381でしたが、思った以上の副産物に満足しながら基地を後にしました。
このままお陀仏になると思い込んでいた同機はその後整備され、三峰口の「車両公園」に保存される運びとなり、取り敢えず一安心。

しかし、所詮は蒸機列車利用客への「人寄せパンダ」に過ぎなかったのか、他の展示車を含め全てが、今度は本当にスクラップに。
一事業者に全てを委ねることにも問題があると思いますが、鉄道車両の保存に対するこの国の認識の浅薄さには改めてガッカリするほかありませんでした。
▲樋口 1988-11

2019年8月11日

ED38の終焉 その1

▲秩父鉄道ED381 広瀬河原 1988-11

駿足揃いの阪和電鉄に導入された戦前の傑作、ED38(ロコ1000)。
その独創的な風貌と併せて、回生ブレーキや総括制御、速度性能といった機能面でも革新的な機関車でした。

時は1988年晩秋のこと、雑誌の「私鉄電機特集」を繰っていた手が止まりました。
そこには休車後雨曝しのまま留置されるED381の痛々しい姿。ついに走行シーンを拝むことなく最期を迎えてしまったと臍を噛むと同時に、せめてスクラップになる前に表敬訪問しておこうと即断、早速その週末に6×7版を抱えて広瀬川原へ向かいます。
▲熊谷 1974-10
 
先ずはこちらも退役間もないデハ100形。
あちこちに佇んでいる姿に惹かれますが逃げる訳でもなし、後でゆっくり見て回ることにします。

さて、お目当てのED381は建屋の隣、架線のない側線にいました。
雑誌で見たよりも随分と色褪せ、満身創痍の様相。僚機の3号機は一足先の1981年に引退、早くから部品取り用だった2号機は80年に消えてしまい、まさに孤高の存在になっていました。
▲いずれも広瀬川原 1988-11
 
ほぼ同時期に引退したWHのデキ1とデキ2が手を繋いでいました。
無理やり畳まれたようなデキ2のパンタが痛々しく、シャッターを押す手が逡巡します。
▲いずれも広瀬川原 1988-11

第一線で活躍中だったデキ100形も現在は半数(4両)に数を減らしています。
こちらは西武からやってきた入換え機、D201。
現在は同じ西武OBのD15がその任に当たっています。
▲いずれも広瀬川原 1988-11

呆気なく目的を果たしてしまいましたが、そそられるデンシャがまだ其処彼処に転がっていました。
・・・次回に続きます。
▲熊谷 1974-10

2019年8月4日

赤電と洋館駅舎 その2

▲近江鉄道 高宮 2000-8

近江鉄道モハ1形は1950年代流行の湘南顔に西武カラーを採用。
手持ちの中古部品に鈍重な新造車体の組合せと、軽快さはありませんが「近江形」として長く君臨しました。

さて、高宮で一休みの後は再び赤電を狙います。
・・・とそこへ当駅の主らしき駅ネコがゆっくりと近付いて来ました。
ひどくマイペースな彼、こちらを一瞥しただけで気に留める風もなく、そのままベンチ下で昼寝に突入してしまいました。
▲ここが定位置なのでしょう いずれも高宮 2000-8

構内外れでは工事用のED313も昼寝中。
装甲車のようなED31は1923年・伊那電出自の由緒ある機関車で、6両のうち5両が近江に集結し、入換えに小運転にと重宝されていました。最近まで全車が彦根で保管されていましたが、残念な終末を迎えたのは周知のとおりです。
▲いずれも高宮 2000-8

締めはどこで狙おうかと思いましたが、炎暑にめげず愛知川駅から犬上川橋梁まで歩くことにしました。先ずは米原行の尻を追い駆けます。
▲いずれも高宮-尼子 2000-8
 
続いてやって来たのはモハ800形。
前身・西武401系の面影が失われてしまったこのデザイン、何度見ても引いてしまいます。
無難なアングルながら、本命の八幡行・モハ2をアップで狙います。
モーターを唸らせながら、疾走と言うにふさわしい物凄いスピードでやって来ました。1/1000でどうにか捕えて打ち止めとします。
▲いずれも高宮-尼子 2000-8
 
モハ2はこの直後に休車、そのまま彦根で終焉を迎えました。
車体は鋼製でもモーターや下回りは昭和初期ですから良く持ったものだと思いますが、越後交通や静鉄と並んで何でも自分で造ってしまう旺盛な工作力が古典デンシャを延命させたのでしょう。
▲新八日市 2000-8

2019年7月28日

赤電と洋館駅舎 その1

▲近江鉄道ED313 高宮 2000-8
 
夏の一日を谷汲線で過ごした後は足を延ばして15年ぶりの近江鉄道へ。
デンシャが黄色になって以来めっきり足が遠のいてしまいましたが、モハ2+クハ1222が往年の塗装に復刻され引退前の花道を飾ると聞きつけて、気になっていた駅と併せて訪問することにしました。
▲高宮 2000-8
 
真っ先に向かったのはこちら、新八日市駅。
朝のたった2時間しか開かない窓口で切符を買うためですが、洋館のようなこの駅に来た証が欲しかったからでもありました。そろそろ店仕舞いモードの委託駅長を捉まえて、無理を言って発券して貰います。
▲いずれも新八日市 2000-8

やって来た電車に乗って帰途に就いた駅長の背中を見送った後は、改めてこの駅舎を観察です。

新八日市駅は1922年、八日市線の前身であった湖南鉄道によって建築。高い天井に広い待合室空間があり、売店か応接室の跡と思しきスペースもありました。本社機能のあった2階は今どうなっているのでしょうか。
▲いずれも新八日市 2000-8

さて、いよいよモハ1形の出番です。
しかし晩夏の凄まじい暑さに加え、この辺りはこれと言って変化のない風景、迷った挙句武佐駅に近い田圃に陣取ることにしました。

先ずは露払いでやって来たモハ500形。
骨董品級の足回りに新造車体を組み合わせた近江のお家芸・第2弾で、1983年まで製造が続きました。
真夏のトップライトではうーむな画しかできませんが、メインの赤電を2台体制でクハ側から狙い打ちします。
▲いずれも武佐-近江八幡 2000-8
 
次に向かったのはこれも見たかった駅の一つ、高宮。
折り返して来る近江八幡行をここで捕まえることにしました。高宮は開業以来の年季の入った駅舎が健在ですが、折しも改修工事に着手する間際で玄関側は養生シートに覆われており、まさに滑り込みセーフでした。

程なくしてモハ2がやって来ました。
「ワンマン」の表示がなければ1970年代の姿と変わりません。
▲いずれも高宮 2000-8
 
見送った後は改めて構内を観察開始。
多賀線が分岐する扇形の広いホームに古い上屋、乗換案内と絵になる施設が残っていました。
▲いずれも高宮 2000-8
 
・・・とここで枚数がいってしまいました。
次回へ続きます。
▲高宮 2000-8