2021年1月16日

浜大津から東山三条へ

 ▲京阪電鉄614 浜大津-三井寺 1992-9

1992年夏の一日、浜大津で珍客を捉えた後は(→ こちら)、彼を追って錦織車庫へ行ってみることにしました。勿論走行ルートなど知る由もなく、あわよくば入庫後の姿を拝もうという皮算用、しかし車庫を覗いてみると丁度良い按配に昼寝中でした。どうやら任務は終わったようです。

改めて間近で観察。
122は1934年に有蓋車2002として竣工、その後戦後の復旧・改造を経て大津線にやってきた当線の再古参です。

▲いずれも錦織車庫 1992-9

京阪も含め、かつて関西各社は珍妙な事業用車の宝庫でした。
「私鉄電車のアルバム」で初めて彼らの存在を知り、あまりのキワモノ振りに涎を垂らしながらページを繰った記憶がありますが、大半は70年代後半までに淘汰されてしまいました。122は戦前派の最後の生き残りです。

▲もちろん阪急にも棲息 上:十三 下:正雀 いずれも1960頃

さてあっさりと目的を果たしてしまいましたが、今度は庫内に屯ろする260形らも見て回ります。

260形はタマゴ形木造車200形の車体を載せ替えて誕生、機器類は徐々に更新されるも古めかしいブリル・ボールドウィン台車はそのままでした。石山坂本線専用の350形もまた木造車800形からの転身でした。


▲いずれも錦織車庫 1992-9

続いては10年振りの東山三条へ向かいます。
▲近江神宮前 1992-9

京津線の主力は600形や700形に交代してしまい、260形が第一線で活躍していた81年当時とはすっかり様変わりしていました。

辺りは地下化に向け動き出しているせいかそこいら中工事現場だらけで、木造家屋が雑然と並んでいた街並も心なしか小綺麗になったように見えます。



▲いずれも京津三条-東山三条 1981-3

80形は冷房化されて健在。
屋根上がやたら膨らんで見え違和感は拭えませんが、それでもなお魅力的なデンシャです。

▲上:京津三条-東山三条 下:京津東山三条 いずれも1992-9

棒のように細い安全地帯に変わらぬ乗降風景。
街は小綺麗になっても、往年のインタアーバンの匂いはまだ残っていました。


▲いずれも東山三条 1992-9

2021年1月9日

上野口の20系客車

▲カニ21「あけぼの2号」 上野 1978-9

上野から20系特急が消えたのは1980年秋。
「あさかぜ」を最後に東京口から引退したのに遅れること2年、最後の任務は青森からの「あけぼの3・4号」でした。20系の象徴的存在だったナハネフ22はこれに先立つ80年春に消滅、最後の殿の務めは切妻のナハネフ23が果たしていました。

分割編成用に登場した同形式は、「出雲」「富士」「はやぶさ」「あかつき」「彗星」などに組み込まれ、西日本でしかお目にかかれない憧れの存在でした。
20系末期には図らずも其処彼処で見られるようになった訳ですが、やはりRの利いた22の方は車齢も短かったのでしょうか。
▲尾久-上野 1980-9

▲上野 1978-9

田舎高校を卒業し上京して間もない頃、先ずは早朝の夜行列車群を抑えようと鶯谷へ。
ド定番アングルながら、京浜東北線ホームの先端で陣取っていると、EF58・65・80牽引列車が次々に上ってきました。

夜が明けた頃に顔を見せたのは仙台からの短距離ランナー・急行「新星」、続いては秋田から羽越線、上越線を延々と上って来た急行「天の川」です。


▲いずれも尾久-上野 1980-5

一時期は7往復を誇った常磐線の看板列車・「ゆうづる」もやって来ます。


▲上:尾久-上野 下:上野 いずれも1980-5

この日の本命、「あけぼの2号」。


旧型客車オンリーだった急行列車群も徐々に代替が進んでいた頃で、名列車「津軽」「八甲田」のハザは12系に替わっていました。


▲上・中:尾久-上野 下:上野 いずれも1980-5

この頃1往復だけ残っていた高崎線の客車列車、2321レ。
▲尾久-上野 1980-5

通勤車の主役はもちろん103系です。
▲鶯谷 1980-5

最後の「あけぼの」同様、「新星」や「天の川」の最後尾もナハネフ23が務めることが多くなっていました。
ナハネフ22に比べると人気がない23ですが、鉄道少年時代の憧れだったせいか管理人的には今でも最も好きな車両の一つで、しつこいくらいに追い駆けています。

▲いずれも上野 1980-5

20系の運用自体はその後も季節列車でしぶとく残り、最後は帯が消えビミョーな塗装になったりしながら1998年まで生き長らえました。

こちらは秋田への帰省列車、急行「おが」。
どうやって許可を貰ったのか忘れましたが、この時は尾久客貨車区にも潜り込んでいます。
白ラインが1本ないだけで随分と印象が代わることに気付きました。


▲いずれも尾久 1992-8

2021年1月2日

ご挨拶~本年も宜しくお願い致します


▲長野電鉄モハ1501 信濃川田-若穂 1992-11

いつも小ブログをご覧頂き、有難うございます。
世間の動向にはあまり頓着しない小ブログ、「2020年は・・・」と今更どうこう言うまでもありませんが、公私ともに「初」づくしの一年間でありました。

コロナ禍に台風19号被災からの復興、老親の闘病そして死去、プラス自らの老朽化などなどがスパイラル的に加わって何ともはや・・・であります。
▲信濃川田 1992-11

そんな中、当たり前のことがそこに在り、当たり前に進むことを改めて認識。
普通に寝食ができ、普通に歩けて普通にデンシャを見られることの何と有難いことか。

ポストコロナ時代については色々なことが言われていますが、ともあれ、マトモな「鉄」活動開始といきたいものですね。

▲信濃川田 1992-11

2021年は長年勤めた仕事も定年退職となり人生の節目を迎える訳ですが、ここら辺はえらく呑気な管理人、果たして我が身をどう振るかまだイメージも湧きません。

皆様もどうかお健やかに過ごされますように。
本年も小ブログを宜しくお願い致します。
▲信濃川田 1992-11

2020年12月27日

ミニ電車の走る街

▲静岡鉄道静岡市内線モハ59・57 1962-4

公営でない中小事業者による市内電車はかつて全国に散在し、関東近郊でも管理人憧憬の的だった伊豆箱根鉄道軌道線を筆頭に、各地でゲテモノぶりを発揮していました。

現在も広島・長崎・富山を始め元気な姿を見ることができますが、低床車やLRTに席巻され私鉄ならではの面白味には欠けます。

▲伊豆箱根軌道線の切符。実物を見てみたかった

・・・という訳で、今回は手元にある記録から、1962年に廃止された静鉄静岡市内線をアップしてみます。当線は国鉄駅前から安西に至る2.0キロの超ミニ路線ながら、県庁や市役所などがある中心街を走っていました。

市内線が走っていた頃の新静岡駅前。
鉄道線(静岡清水線)との連絡ホームがあり、段差もなく乗換え至便この上なしですね。駅頭には人が集まりバスも行き交い、街全体に活気があるように見えます。


▲いずれも新静岡駅前 1962-4

賑やかな静鉄駅前に比べて、いかにも小ぢんまりした国鉄駅前電停。
鈍重な印象の55形は1929年に登場、当初は単車でした。62年の当線廃線後も、全5両が清水市内線へ移っていきます。
▲静岡駅前 1962-4

こちらは国鉄駅前から少し歩いた場所でしょうか。国鉄駅前-静鉄駅前間は元々独立した路線で、最後まで単線のままでした。

▲いずれも静岡駅前-新静岡駅前 1962-4 

一方の鉄道線はこれも生え抜きの小型車が主役でした。
何でも自社で製造・改造してしまう、静鉄の電車の来歴は複雑怪奇なのが多い。

全面のRが優雅ながら、窓の低さがアンバランスなモハ5形・15の前身は1937年日車製の静岡電気鉄道モハ305。完全な路面電車だったのを戦後改造、63年に引退しています。

モハ2のルーツは目蒲モハ1形。
こちらも戦後車体を新製して乗せ替え、最後は3両編成を組んでいました。


ニコニコ窓も愉快な21形は手持ち部品を組み合わせて造った、完全な自社製品です。


▲いずれも新静岡 1962-4

かつて線路が四方に延び、数多のゲテモノが棲息していた静鉄各線。

しかし当然これらには間に合わず、全国を撮り回る頃には静岡清水線だけになっていました。戦前形に乗ったり撮ったりできないのは如何にもツマランと思ったのか、訪問したのは未だ1984年夏の1回だけ。しかし在来車を追いやった1000形も先が見えて来たようで、再訪の機を窺う管理人です。

▲いずれも長沼 1984-8



▲新静岡 1962-4